住宅ローンを債務整理する方法と確認すべき注意点

住宅ローンを債務整理する方法と確認すべき注意点
当ページのリンクには広告が含まれています。

まず、債務整理を行う前に家計の見直しや収入源の確保が重要です 。次に、弁護士に相談して適切な手続きを選ぶことが必要です。自己破産では家が競売にかけられる可能性が高いですが、個人再生では住宅ローン特例により家を維持できる場合があります 。任意整理の場合は返済計画の承認が必要です 。最後に、債務整理後の新たな生活設計が大切です 。

借金減額診断
目次

住宅ローンを債務整理する方法

任意整理の手続き

任意整理は、債権者と話し合い、返済条件を見直す方法です。利息の減額や返済期間の延長が可能ですが、住宅ローンの全額免除は期待できません。

個人再生の手続き

個人再生は、裁判所を通じて借金の大幅な減額を受ける手続きです。住宅ローン特例があり、一定の条件を満たせば住宅を手放さずに手続きを進められます。

自己破産の手続き

自己破産は、全ての借金を免除してもらう手続きですが、価値のある財産は全て処分されます。住宅ローンが残っている場合、家は競売にかけられることが一般的です。

住宅ローンを債務整理する際の注意点

債務整理前にすべきこと

債務整理を考える前に、家計の見直しや他の収入源の検討を行うことが重要です。また、専門家への相談を早めに行うことが推奨されます。

司法書士よりも弁護士に相談する

住宅ローンが関係する債務整理は、原則として個人再生(民事再生)となります。個人再生は裁判所を通しておこなう複雑な手続きで、代理人として対応してくれる弁護士への相談が不可欠です。

司法書士は代理人として対応することができず、あくまで書類などの作成代理しか行えません。したがって個人再生の手続きを検討しているなら弁護士に相談するべきです。以下の記事におすすめの事務所やどちらを選ぶべきかについて詳しく解説しているので参考にご覧ください。

債務整理後の生活設計

債務整理後は、新しい生活設計を立てることが重要です。収入と支出のバランスを見直し、再度の借金を避けるための計画を立てましょう。

借金減額診断

住宅ローンの債務整理後の家の扱い

自己破産の場合の家の処分

自己破産をすると、基本的に家は競売にかけられます。競売により得られた金額で債務を返済し、残った債務は免除されます。しかし、共有名義や他の特例がある場合は状況が異なることもあります。

→自己破産をするとどうなる?破産後の生活

個人再生の場合の家の維持

個人再生では、住宅ローン特例を利用することで、家を手放さずに債務整理を行うことが可能です。裁判所の許可が必要となりますが、多くのケースで家を守ることができます。

任意整理の場合の家の扱い

任意整理では、住宅ローンの返済条件を見直すことができますが、基本的には家を維持することが可能です。ただし、返済計画が債権者によって承認される必要があります。

借金減額診断

住宅ローン 債務整理によくある質問

Q1: 住宅ローンを債務整理する際の手続きは?

A1: 住宅ローンを債務整理する際は、任意整理、個人再生、自己破産のいずれかの手続きを選択することになります。具体的な手順や必要書類は各手続きにより異なりますので、専門家に相談することが重要です。

Q2: 債務整理後に住宅ローンを再開する方法は?

A2: 債務整理後に再度住宅ローンを組むことは難しいですが、一定期間後に信用情報が回復すれば可能性があります。信用情報の回復には約5〜10年が必要です。

目次
他で断られた借金や急ぎの対応もOK
借金解決は杉山事務所へ