【知らないと損する】債務整理をしながら楽天カード残す方法

債務整理をしながら楽天カード残す方法
当ページのリンクには広告が含まれています。

債務整理を考える際、多くの人が気にかけるのが愛用のクレジットカードの扱いです。特に楽天カードは、ポイント還元率の高さやサービスの豊富さから、手放したくないと考える方も多いでしょう。

しかし、債務整理の方法によって、楽天カードを残せるかどうかが大きく変わってきます。この記事を読めば一般的な楽天カードを残す方法が分かりますが、個々の債務状況によって楽天カードを絶対に残せるかは変わります。

したがって、弁護士や司法書士の無料相談を利用して、自分の借金状況で債務整理をした場合に楽天カードを残せるのか聞いた方が確実です。

過払い金診断
目次

債務整理すると楽天カードは残せるのか

任意整理をした場合

任意整理は、債権者と直接交渉して返済条件を変更する方法です。この場合、楽天カードを任意整理の対象外にすれば、一時的に残すことが可能です。ただし、長期的な使用は難しいでしょう。ここでは任意整理の対象外にした場合のメリットとデメリットについて確認してきましょう。

メリット

  • 当面の間、楽天カードを使い続けられる
  • ポイントサービスなどを継続して利用できる

デメリット

  • 途上審査で利用停止になる可能性が高い
  • 他の債務の返済に支障をきたす可能性がある

楽天カードを任意整理の対象外にしても、通常3ヶ月ごとに行われる途上審査で利用停止になる可能性が高いです。また、他の債務の返済に集中できなくなる恐れもあるため、慎重に判断する必要があります。

個人再生をした場合

個人再生は、裁判所の関与のもと、債務の一部を免除してもらいながら残りを返済していく方法です。この場合、楽天カードを含むすべてのクレジットカードは原則として解約することになります。

個人再生時のクレジットカードの扱い

  • 再生計画認可前に全てのカードを解約
  • 再生計画完了後に新規作成が可能になる
  • 完了までは5年程度かかることが多い

個人再生を選択した場合、楽天カードを即座に残すことはできません。ただし、再生計画を完了させれば、将来的に新しくカードを作ることは可能になります。その間は、デビットカードなどの代替手段を検討する必要があるでしょう。

自己破産をした場合

自己破産は、裁判所に破産を申し立て、債務を免除してもらう方法です。この場合、楽天カードを含むすべてのクレジットカードは即時に利用停止となり、解約されます。

自己破産時のクレジットカードの扱い

  • 全てのカードが即時利用停止・解約
  • 破産後、一定期間は新規作成が困難
  • 社会的信用の回復に時間がかかる

自己破産を選択した場合、楽天カードを残すことは不可能です。また、破産後は長期間にわたってクレジットカードの新規作成が困難になります。生活スタイルの大きな変更を覚悟する必要があるでしょう。

債務整理の方法によって、楽天カードの扱いは大きく異なります。どの方法を選択するかは、現在の債務状況や将来の生活設計を考慮し、慎重に判断することが重要です。また、専門家に相談することで、自分に最適な債務整理の方法を見つけることができるでしょう。

債務整理しても楽天カードを残す方法

債務整理を考えながらも、楽天カードは手放したくないと悩む方は少なくありません。楽天カードは、ポイント還元率の高さやサービスの充実度から、多くのユーザーに愛用されているからです。しかし、債務整理をしながら楽天カードを残す方法は、非常に限られています。ここでは、楽天カードを残せる可能性がある唯一の方法について詳しく解説していきます。

任意整理を選び楽天カードを対象外にする

楽天カードを債務整理しても残す唯一の方法は、任意整理を選択し、楽天カードを対象外にすることです。任意整理は、債権者と直接交渉して返済条件を変更する方法であり、どの債務を対象にするかを選ぶことができます。

任意整理で楽天カードを対象外にする手順

  1. 債務の全体像を把握する
  2. 任意整理の対象とする債務を選定
  3. 楽天カード以外の債務で任意整理を進める
  4. 楽天カードは通常通り利用・返済を継続

この方法を選ぶメリットは、一時的にせよ楽天カードを使い続けられることです。オンラインショッピングやポイント獲得など、日常生活の利便性を維持できます。

ただし、この方法にはいくつかの重要な注意点があります

  • 途上審査で利用停止になる可能性が高い
    (通常3ヶ月ごとに実施)
  • 他の債務の返済に影響を与える可能性がある
  • 長期的には使用できなくなる可能性が高い

特に途上審査には注意が必要です。カード会社は定期的に顧客の信用状態をチェックしており、任意整理の事実が判明すれば、カードの利用が停止される可能性が高くなります。

また、楽天カードを残すことで他の債務の返済に支障をきたす可能性もあります。任意整理の目的は債務の軽減ですから、新たな支出を抑える努力も必要です。

この方法を選択する際は、以下の点を十分に検討してください

  • 楽天カードの必要性が本当に高いか
  • 他の債務の返済に影響を与えないか
  • 短期的な利便性と長期的な財務健全性のバランス

最終的には、弁護士や司法書士などの専門家に相談し、自分の状況に最適な方法を選ぶことが重要です。債務整理は将来の生活に大きな影響を与える決断ですから、慎重に検討しましょう。

関連:任意整理で楽天カードだけ残せるのか?

債務整理後も使える楽天サービス

債務整理をすると、クレジットカードが使えなくなることで、様々なサービスにも影響が出るのではないかと心配される方も多いでしょう。特に楽天のサービスは、日常生活に深く根付いているケースが多いため、突然使えなくなると困ってしまいます。しかし、債務整理後も利用可能な楽天サービスがいくつか存在します。ここでは、債務整理後も継続して使える楽天サービスについて詳しく解説していきます。

楽天モバイル

楽天モバイルは、債務整理後も利用可能なサービスの一つです。料金の未払いがなければ、債務整理後も引き続き使用することができます。これは、携帯電話の契約が借金とみなされないためです。

楽天モバイルを継続利用するメリット:

  1. 通信サービスの中断を避けられる
  2. 楽天ポイントの獲得・利用が可能
  3. 楽天経済圏内での活動を維持できる

ただし、以下の点に注意が必要です

  • 料金の滞納があると強制解約の可能性がある
  • 機種変更時は端末代金の一括払いが必要になる可能性がある

機種変更を検討する際は、端末代金を一括で支払う準備をしておくことが重要です。分割払いは信用情報の審査が必要となるため、債務整理後は難しくなる可能性が高いからです。

楽天ETCカード

楽天ETCカードは、債務整理後すぐに使えなくなる可能性が高いですが、代替手段を利用することで、ETCサービスを継続利用することができます。特に仕事で高速道路を頻繁に利用する方にとっては、重要な情報となるでしょう。

債務整理してもETCサービスを継続利用する方法

  1. ETCパーソナルカードの利用
    • クレジットカード機能がないため、審査なしで作成可能
    • デポジット(保証金)を預けて利用する方式
  2. 家族会員ETCカードの活用
    • 家族の信用情報を利用して作成
    • 本会員の同意と協力が必要

ETCパーソナルカードを利用する場合、デポジットとして2〜8万円程度を預ける必要があります。ただし、このデポジットの80%以上を利用すると一時的に使用できなくなる可能性があるので注意が必要です。

家族会員ETCカードを選択する場合は、家族との信頼関係が重要になります。本会員の信用情報に影響を与える可能性があるため、慎重に検討し、利用目的や限度額について事前に合意しておくことが大切です。

これらの方法を活用することで、債務整理後もスムーズにETCサービスを利用し続けることができます。自身の状況に合わせて、最適な方法を選択しましょう。

楽天カードを残したいなら弁護士や司法書士に相談しよう

弁護士・司法書士

債務整理を考えながらも、楽天カードを手放したくないと悩んでいる方は少なくありません。しかし、債務整理と楽天カードの利用継続の両立は非常に難しい問題です。このような複雑な状況下では、弁護士や司法書士を受けることが最善の選択肢となります。

専門家に相談するメリット

  1. 法的な観点から安全な借金の解決方法がわかる
  2. 自分の状況に応じた最適な債務整理方法を提案してもらえる
  3. 債権者との交渉を代行してもらえる
  4. 将来的なリスクを最小限に抑えられる

弁護士や司法書士に相談する際は、以下の点に注意しましょう

  • 債務の状況を正確に伝える
  • 楽天カードを残したい理由を具体的に説明する
  • 将来の生活設計や収入の見通しについても相談する

専門家に相談することで、楽天カードを残せる可能性や代替案を探ることができます。例えば、任意整理で楽天カードを対象外にする方法や、デビットカードなどの代替手段の活用方法などについて、専門的な見地からアドバイスをもらえるでしょう。

また、専門家は債権者との交渉経験が豊富なため、より有利な条件で債務整理を進められる可能性があります。これにより、楽天カードを直接残すことはできなくても、将来的に新たなクレジットカードを作りやすい環境を整えることができるかもしれません。

さらに、弁護士や司法書士に相談することで、債務整理に関する不安や疑問を解消することができます。専門家のサポートを受けることで、精神的な負担も軽減され、前向きに債務問題に取り組むことができるでしょう。

多くの法律事務所では、初回相談を無料で行っています。この機会を利用して、複数の専門家に相談し、自分に合った弁護士や司法書士を見つけることをおすすめします。

楽天カードの債務整理相談をするなら

司法書士法人杉山事務所
みどり法務事務所
東京ロータス法律事務所
グリーン司法書士法人
はたの法務事務所
アヴァンス法務事務所
アース法律事務所
サンク総合法律事務所
アディーレ法律事務所
ひばり法律事務所
過払い金診断 (1)
目次
他で断られた借金や急ぎの対応もOK
借金解決は杉山事務所へ